口の中に施術するインプラントは使われている素材にも注目!

インプラントの素材や埋め込む部分に利用される形状をチェック

口の中に施術するインプラントは使われている素材にも注目!

インプラント

金属が使われていることが多い

インプラントはしっかり噛むことのできる歯を作れる技術ですが、口の中に常に入れておく義歯なので松戸で施術を受ける前に何が素材に使われているのか知っておきましょう。
スタンダードなのが金属です。金属の中でもチタンが人体に定着しやすい金属なのでよく使われています。しかも強い力を加えても強度が高いので壊れにくいのが義歯根に使われる理由です。

女の人

セラミックも安心して使える

人工で作られた鉱石の一種で、大変人体に定着しやすい特徴があります。そのため人工関節にも使われているのです。松戸では使用される確率も低下してきていますが、安心して使うことのできる素材となっています。

メンズ

ジルコニアにも注目

強度が高い素材として今施術する数も増えてきているのがジルコニアです。別名人工ダイヤモンドともいわれていますが、これは結晶の構造がダイヤモンドと同じ構造を用いて作られているためです。
セラミックは日本での認証がありませんが、ジルコニアは薬事法で認可されており、治療数が増えているという背景があります。

インプラント体の形状にも注目!

インプラント

スクリュータイプ

歯科医院で使われるインプラント体の形状ではもっともこのネジ状になったものが多いです。この中でも先につれて細くなるのがルートタイプがあります。開ける部分が細長いため、穴が小さくて済むメリットがあります。

バスケットタイプ

スクリュータイプと同じように表面がネジ状に加工されています。違いはというと、中が中空だという点です。表面に穴が空いていますが、この目的は骨とインプラント体の接触部分を高くするためです。そのため骨と強く結合します。

ブレードタイプ

今はあまりこのタイプは使われなくなってきました。板状になっているのですが、そのため圧力が分散せずに割れやすいという欠点があるのです。しかし、幅が狭いところにも用いることができるという良さがあります。

シリンダータイプ

施術数が多いタイプであり、その数はスクリュータイプのインプラントと並びます。ネジになっていないため固定の強度が弱いです。すぐに義歯を取り付けない二回法であれば十分な固定が得られるので二回法に向いています。

広告募集中