霊園選びは実際に現地に出向いて確認することが大切

高齢化に備える

手を合わせる人

現在、永代供養をされる施設を選択する際に、お墓ではなく納骨堂を利用する方が増えています。お寺などの家屋施設に中に納骨してもらうことで、お墓設置にかかるスペースの確保や、費用の負担を軽減させることができることが、大きな理由の1つでしょう。また、屋内に納骨することで、天候などの都合に影響されることなく、お参りができることも人気な理由でしょう。納骨堂の需要が年々増加していることから、多くの数の納骨堂が展開されています。ご利用する方の、自宅から近い納骨堂を選択することで、アクセスのしやすい環境を設備することができるのです。納骨堂の購入にかかる費用は、公営で運営されている納骨堂を利用することで、30万前後で購入することができます。しかし、人気なサービスのため、抽選制になるケースが多いのがデメリットです。民間のお寺が提供しているサービスを利用することで、スムーズな購入を行なうことができます。しかし、費用が100万円前後と、高額になることから業者の選択には注意が必要です。納骨堂の選択は、価格だけで判断するのではなく、サービス内容や清掃・管理の充実性などの情報を把握することも大切なポイントの1つです。料金が多少高額でも、ICカード認証をすることで、遺骨を自動搬送されるハイテク機能が利用できます。お花や線香も納骨堂で用意されているので、買い出しを行なう手間をかけずに、気軽にお参りに行くことができるのです。その他にも、バリアフリー化豊富な施設環境など、今後の高齢化を見据えた便利なサービスを利用することができます。